カテゴリー:看護

2/8ページ
  • 2017.03.20

看護師転職サイトは利用すべき?メリット・デメリットはコレ!実際に3社登録してみました

久しぶりに転職活動をしています。 転職サイトに登録したのですが、今回は今までにはなく複数の転職サイトに登録をしました。 それは転職サイトは複数応募した方が良いって話をちらほらネット上で見かけたからです。 看護師転職サイトはどこを選べば良いのか? 転職サイトは数十社あるそうで、一度に全てに申し込むなんて事は不可能です。 転職サイトはたくさんありますが、その会社の得意とする部分が何なのかを知ることで選 […]

  • 2017.03.18

キレやすい看護師と我慢する看護師と涙する看護師

尖った手裏剣ナースのokaerinasaiです。 皆さんも、尖った一面もっていますか? キレやすい看護師 看護師に限らずですが、社会人になると様々なストレス環境にさらされます。 そうやって生きていく、成長する事を社会に揉まれると言ったのですが、今の社会人は少しばかり時代の違いでしょうね我慢するのが苦手なのなってきているような気がします。 特にキレやすい看護師が多いです。 キレやすいといってもその場 […]

  • 2017.03.12

フリーターから看護師になった理由・看護師の向き不向き

看護師のokaerinasaiです。 看護師の前はフリーター 看護師になる前はフリーターをしていました。 最近フリーターとかニートって言葉をあまりメディアでも聞かなくなってきた気がしますが、皆さんはどうですか? フリーターってニートとどう違うの?って聞かれたらアルバイトをしているかしていないかの違いだよって答えるつもりですが、そんな質問は今まで一度も受けたこともないですwww フリーターって響き自 […]

  • 2017.03.12

認知症介護が辛い看護師が患者と向き合う方法

高齢化社会と認知症 高齢化社会が加速する現代において、加齢の加速とは反して認知機能が低下していくのはいたしかたのないところ。 高齢=認知機能が低下するという図式ではけっしてありませんが、高齢者が認知症を患うリスクがあるのは周知の事実です。 認知症にはなりたくない?それとも? 年はとっても認知症にはなりたくないなという意見もあれば、認知症になったら幸せなのかなあ~と呟く人もいるのです。 認知症になる […]

看護師の部署異動が辞めたい理由に転職するのは間違い?

皆さま看護師のお仕事お疲れ様です。 春には新卒看護師の教育が始まりますね。 春って憂鬱な季節なのですが、どうお過ごしですか? 例にも漏れず私の部所にも看護師の異動通達が回ってきました。 看護師の部所異動 皆さまの病院ではいつ頃部所の異動が行われますでしょうか? 私の場合は前の病院では、毎年6月頃から異動があり、現在の病院では不定期にシャッフルなさっているようです。 しかしながら今回は病棟異動になら […]

  • 2017.03.08

看護師同士の結婚 共働き夫婦のメリット・デメリット

看護師のokaerinasaiです。 ふと気づくと看護師同士で夫婦というパターンてたまにいますよね。 私の場合も夫婦で看護師という、完全に同業職の結婚という家庭環境ですが、これって他の仕事の結婚と違い、ある意味特殊なのかなって思ったのでちょっとまとめてみることにしました。 夫婦で看護師のメリット 収入面でのメリット 看護師として働いていると収入面では決して裕福ではないけれども安定感はある職種と言わ […]

  • 2017.03.04

慢性期から急性期への転職は看護の基本として経験しておきたい

看護師としての第一歩を歩み出すのは急性期だと希望される方も多いかと思います。 看護師の国家資格を取得し有資格者となったあなたの進む道は自分で選べます。 看護師として経験を積むために先ずは急性期で働く事は基本となります。 そういう私は慢性期の患者さんが入院する病棟からスタートしたわけですが。 看護師としての第一歩は急性期病棟から勤めるべきか? 急性期病棟で働く事が基本と言ったのは、何らかの疾病、外傷 […]

  • 2017.02.20

看護師は鬱になりやすい職業?キラキラナースとの違いとは?

自信がなくとも胸を張れ!? 猫背でいると周りから自信がないからとか、暗いイメージなどマイナスな印象を与えるということでも猫背は余りいいイメージでみられません。 看護師たるものあまり自信がないようなイメージで見られるのはよくありませんね。 例えば患者さんからマイナスイメージがつくと、採血などの際にも不安感を与えてしまいます。 ピシッと背筋を伸ばしてしっかりと腕を振って真っ直ぐな視線で歩く看護師はどこ […]

  • 2017.02.18

そのオーバーテーブル転倒リスクの高い高齢者に使ってませんか?

看護師と患者の転倒転落問題 看護師にとって患者の転倒転落は仕事のなかでもかなり重要視される問題のひとつです。 患者が何処で何時どんな目的でどのように転倒し、結果どのような被害を受けたか等、患者の転倒にはその後のアセスメントが必要でさらに次に起きないようにするにはどうすれば良いかの対策が望まれます。 とりわけ看護師には患者の転倒転落を予測し前もって対策を練らねばなりません。 このような事情はどことも […]

  • 2017.02.18

夜勤明けの採血って後から採り直しになっていませんか?

病棟の看護師って夜勤業務で行うことの多い採血ですが、ふとした時にあれ?この採血って後から採り直しになっていないのかなって思ったことがありました。 間違った採血の方法で採血をしていませんか? 今しっている常識ってあなたのなかでは今当たり前に思っているだけで実は間違っているかもしれません。 私も以前に行ってきた採血方法が厳密にいうと確かではなかったことを知りました。 その一つの理由として夜勤者が朝の採 […]

1 2 8
拡散中
拡散中