ナイチンゲールにはなれない!

ナイチンゲールにはなれない!

culture-hobby-life

私じつは夜になると毎回決まってアレができなくて妻に叱られています!

私じつは夜になると毎回決まってアレができなくて妻に叱られています!

いや〜最近よくあるんですよね。

と言うよりある行動だけなぜか毎回忘れちゃうんです。

あれっ、何でコレいつも物忘れしちゃうんだろう!

あの〜、おんなじ事で困っている人いませんかねー。

私の場合、結構毎回みたいなんですよ。

よく妻に叱られます。

トイレのドアの閉め忘れ。

toilet-paper

トイレのドアの閉め忘れはだいたい決まったタイミングでやらかしているようです。

それは夜間トイレに行ってからの閉め忘れです。

夜中に一度トイレに立つことも毎日ではなくとも各日位はあります。

そしてその毎回ぎ閉め忘れてしまっているようです。

多分理由は夜中にトイレのドアの閉める音に気を使うので、日中よりもかなり静かにドアを閉めようとします。

うちのトイレのドアはスライド式ですが、ドンって閉まらないように、閉まる寸前でワンクッションあって閉まります。

その際に閉め方が甘いと途中で止まっちゃうんですよね。

さらに夜中に起きているので、ボケっとしているため忘れるんでしょう。

毎回そうらしいので、あれって思いますが本人には自覚が無いのです。

それってただの物忘れ?気をつけたいものです

アラフォーですからそりゃ、ただの物忘れじゃない可能性も否定は出来ませんが。

若年性健忘症という言葉かあるのですが。

若くして健忘する、つまり物忘れするってことです。

私は若いって事にしておいたら、当てはまらなくもないっすね。

ちなみに代表的な若年性健忘症の例をみていきましょう。

1. 思うように言葉が出ない
2. 独りでいるのが楽(他人といると疲れる)
3. 状況に応じた判断ができない
4. 友人たちと会話が続かない
5. 待ち合わせに遅れがち
6. 世間の出来事などに無関心
7. テレビなどを見ていても言葉がわからない事が多い
8. ひとつの事に集中しすぎる
9.人の意見に耳を貸さない
10.「あれ」「それ」といった言葉で表現する事が多い
11.情報の勘違いが多い
12.地図を見ても自分の居場所がわからない
13.優先席でも平気で座る
14.計画を立てるのが面倒
15.マニュアル通りの解決しかできない
16.マンガ・週刊誌しか読まない
17.筋道を立てる考え方ができない
18.アイデアが浮かばない
19.大声が出ない
20.電話で話の内容を聞き取れない事がある

若年性健忘症「自己診断チェック」

そりゃないだろーっていうのも多いですが、当てはまるものもありますわ。

若年性健忘症は現代社会の便利さ故に現れた現代病とも言われます。

それはPCやスマホの便利さに依存しすぎて、考えたり記憶したりという行為をおろそかにする事に理由があるようです。

また顔の見えない関わりネット上の繋がりだけといった、人間関係が増えてきている事にも理由があります。

なるほど!

自分の頭で考えたり、メモを紙にしたり、アイデアをひねらせたりといったアナログ性を時には持てという事かもしれません。

bathroom

ちなみにトイレのドア問題は、この若年性健忘症があるのかはわかりませんが、そういった事は少なからず誰にでも潜んでいると思います。

つまり現代社会における便利さに頼り切った生活や、人間関係の作り方を見直す事を時には必要なのかもしれません。

時代が便利さに走るのは当然と言えば当然なのです。

それを否定する気は微塵も無いのです。

でもたまにアナログな事したら絶対に気持ちいいと思います。

汗かいたり運動したり、紙にメモしたり、実際に人とあって話したり。

今まで普通に出来る事が億劫になってきているなあ〜っとちょっぴり思ったのです。

トイレのドアの閉め忘れが若年性健忘症の症状かどうかはわかりませをんし、若年性健忘症と診断されたわけではありませんが。

物忘れが増えてきているようなら要注意かもですね。

予防するなら先ずは知れです。

トイレのドアをどうやったら忘れずに閉められるか

結局今抱えている問題を解決しなくてはいけません。

今まで物忘れ対策としてかなり有効な手立てがありました。

スマホを使ってメモをするという方法です。

この投稿は結構読まれている方でして、やっぱりみんな物忘れ予防にメモアプリ活用しているんだなって思いました。

この方法は効果絶大でしたし、これからも愛用する方法かとは思います。

ただし、この方法は日中に忘れずにする事とか買い物リストや、ブログのネタを書き留めるには良いのです。

私がトイレのドアを閉め忘れるのは寝ぼけた夜中に起こります。

寝ぼけながらも家族に気遣いしてドアをそっと動かすので、ドアは閉まっていないのです。

確認不足なのです。

でも寝ぼけていて確認忘れます。

スマホの画面なんかは見ないので前述した方法は通用しません。

スマホのアプリにも頼れませんしね。

まいったまいった(汗)

ここはアナログな方法しかないでしょうな!

一番良いのは多分こうです。

貼り紙作戦。

そうです、古典的かつ伝統的な作戦です。

受験勉強などの際には私もやった経験があります。

誰もがやって来ているんでしょうね。

よし、トイレのドアに貼り紙貼るか!

note

だってトイレのドアに貼り紙しているのって、お客様も使うでしょうし、抵抗感がありますよね!

一応他にも方法が無いかインターネットで検索しました!

若年性健忘症を進めるかもしれないインターネットにて!

貼り紙をして物忘れを予防する方法は若年性健忘症というより、認知症に対する対策として謳われているようです。

受験勉強に対して「必勝」とかの貼り紙を貼るのとは少しイメージが違いますな。

若年性アルツハイマーだってあるんだしね。

全て他人事では無いでしょう。

でもやっぱり貼り紙以外の方法がイイなあ〜。

しいて言うたらこういうのですかね?

このリストイットという手首に巻く付箋は防水タイプもあるようです。
リストイット

モデルさんが着けていたらなかなかしゃれおつですね。

私ならさながら病院の患者が着けているリストバンドみたいですが( 一一)

なんかいい方法ほかにもないっかな~。

早く夜にアレがきちんと出来るようになって妻に怒られないようになりたいと思います。

おかえりなさい
管理人のおかえりなさいです。現役看護師×ブロガー×医療系ライター。ご依頼はお問い合わせからお願いいします。

お薦め(PR)

ナース人材バンク

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)