ナイチンゲールにはなれない!

ナイチンゲールにはなれない!

看護師の仕事・収入・資格

今の仕事が向かないと思うあなたは転職して看護師になろう!

今の仕事が向かないと思うあなたは転職して看護師になろう!

ナースおかえりなさいです。

うん数年、10年には手が届かない程度の私ですが、男性看護師として病棟経験を重ねてきました。

と言ってもまだまだ10年未満の看護師など迫力にかけますがね。

そもそも、私は平凡なナースなので目立った存在ではありませんが、男性という点で考えるとまだこの業界では少なめの職種です。

男性看護師は社会人転職組が多い

いわゆる転職を考える場合、看護師という選択も考えてみて下さい。

看護師になるためには専門学校以上の教育を受ける必要があります。

なんなら大学でも構いませんが、社会人から転職してくるのに大学をわざわざ選択するのはよっぽどの意志の高い人でしょうね。

この業界へ転職されて来た方の元職歴を聞くと色々です。

営業職、製造業、警察官、フリーター、リハビリ職、自衛隊、などなど様々でした。

そりゃそうですよね。

元の職に嫌気がさしたのか、それとも元は看護師になりたかったけど、他の職に就いて来たけどやっぱり志したなど、人生どこでどうなって職が変わるかなんてわかりません。

今の時代ですから安定志向の点でも看護師はくいっぱぐれのない仕事などと言われます。

実際くいっぱぐれが無いのかと言うと、まあ、そうですね。そうでしょうね。

私もその点でこの業界に入ってきた部分も大きいですから。

男性に限らず女性であっても途中で転職する際にやはりくいっぱぐれのなさを求めて転職される方も多いでしょう。

くいっぱぐれのないということはこの職についておけば、あとは一人でも生きていけるぞぐらいの勢いというか、そんな発想でもいけるかも知れません。

看護師全般の話でいうと非常に転職に対しても幅広く融通がきくという事ですね。

看護師が看護職として別の職場へ転職する際も他職に比べると選択肢は多めです。

そういった点は大きなメリットでしょう。

ただ忘れてはいけないのがこの業界は離職率も高いのです。

私は反対にいつでも復帰できるチャンスも多いので潜在看護師は本当に潜伏しているんだなあと思っていますが。

いつでも機会を求めているという感じ。

就職受け入れ先の多いことは看護師のメリットですが、男性においては少しだけ限定して考えるべきでしょう。

看護師の資格

看護師は国家資格であり、以下のような点に業務の概要が集約されています。

日本において看護師は、法的には「厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦(褥婦(じょくふ)=出産後の女性)に対する療養上の世話、又は診療の補助を行うことを業とする者」と保健師助産師看護師法[注 4]第5条に定められている。
同法第31条において、医師、歯科医師、看護師・准看護師以外の者が看護を行うことが禁止されており(業務独占)、同法第42条の3では「看護師」や紛らわしい名称を用いることが禁止されている。また同法第42条の2では「正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。」と守秘義務が課せられている。
ウィキペディアより

怪我や病人の世話及び出産後の女性の世話、医師の診療補助を行い、そのような業務はあなた達だけしかさせませんよ、業務は独占できますよ、ただし患者の秘密は守ってねというお約束事が課せられたお仕事です。あとは看護師と言う名前は、看護師以外の誰であろうと名のってはいけませんよというルールにしておくからねとお国から守られているわけです。

こうやってルールの規定を読むとなかなか手厚いなあなんてあらためて思ったりするわですが、これは裏を返せば医者か看護師にしか、医療行為など補助を含めて出来ないのです。例えば点滴とかの医療行為です。

よってそれらの行為は全てあんたたちの責任だよってことでもあります。

なので一定の責任はある職業だという事です。

まあこういったことは看護師以外の方でも想像の出来る範囲ですよね。

どうぞ転職してきてください。

特に男性看護師歓迎です。

女性看護師はもともと多いのですからね。潜在看護師を入れればですが。

男性看護師の潜伏中の方はあんまり聞いたことが無いです。

これからは増えることが予想されますが、それは全体的な男性看護師の人数増加に伴う底上げ的な意味です。

さて男性看護師の職場はどのようなところがあるのでしょうか。

男性看護師の就職先としてどのようなところがあるのか

看護師としての就職先はとても多いです。

  • 病院・クリニック
  • 介護福祉施設
  • 訪問看護ステーション
  • ツアーナースなどの添乗員
  • 現地派遣型
  • 産業看護師
  • 保育園

などなどまだまだありそうですが、上から順に訪問看護ステーションまでは働き先として非常に多い感じがします。

病院は言わずと知れた王道パターンですが、まあ一番人間関係であったり、労働環境であったりと悩みの多いのも病院でしょうか・・・。

介護福祉施設も同様ですが、病院に比べて看護師の絶対数が少なく、他の職種(介護職)とうまくやっていくスキルも必要です。

というよりそれが一番大事かも。

訪問看護ステーションや訪問入浴などこちらから出向くタイプの仕事です。

車で一日に何件も、回るのでトイレ休憩や食事のタイミングも見計らってうまくスケジュール立てを考える必要があります。

病院務めとは違った気楽さがあるという方もいます。基本単独行動ですからね。一匹オオカミさんには良いのかも。

その他のツアーナースは、イベントの際にだけ配属されるいわゆる派遣型のものです。

旅行先やコンサートなどのイベントに同行しけが人や体調不良時の人の対応に当たります。数は少ないでしょう。

現地派遣型は、遠方などで人手不足になっている病院へ出向いたりするもんで、数十日限定の労働でアパートなどを病院が借り上げている場合もあり、手荷物のみ持っていくというスタイルのものもあります。

ちょっとした旅行感覚で行ってみるのもありです。

産業看護師は、企業内で看護師が健康管理に常駐するケースなどです。

同様に保育園などにも看護師が保健室の先生として働き、体調不良時に対応するという勤務体制です。

このように色々看護師には働き先があります。

なんだか一か所で務めるのがバカバカしくなることもあります。

私の場合は殆どが病院務めですし結構ストレスたまりますからね。

ぱあっと転職でもしてみたくなるのはここだけの話です(笑)

男性看護師の職場はやや限定的?

そうは言っても男性看護師はまだまだ絶対数が少ないので、ある意味デビューできる職場は限られる可能性が多いかもしれません。

私の場合でも面接先の病院で言われた言葉ですが、「ロッカーが少ないんですよ」とか、「女性ばかりの職場ですからね」とかとか・・・。

まったくもって「はあ?」ですよ!

女性ばかりの職場ですは、労働基準法的にもどうかとは思いますが、ロッカーがないというのも結局時代についてきていないのか、人事の認識が薄いというのかそういった病院もあるのですがそれらは一部ですので結局、病院が就職先としては断トツに多いところでしょう。

ひと昔は精神科病棟でしか男性看護師は働けないとかよくわからない噂もありましたが、私が就職する際の状況ではそんなことはなかったです。

もちろん精神科看護を目指すのであればどうぞ。そちらも働き先としては狙えます。

介護福祉施設や訪問看護ステーションもほとんど男性だからといって入れないことはないと思いますが、病院も含めてですが女性患者にNGをもらう場合がたまにですがあります。

病院ならケアの際に他のNSに依頼すれば事なきを得ますが、こと訪問看護となると、1対1になることもあるので、担当者を組みなおす必要もあるでしょう。

そのため男性看護師ばかりにステーションがなることは控えるでしょうね。

そこらへんはある程度しかたないところでしょうか。

ツアーナースはバスの添乗員として乗り込むことにもあるため、どちらかというと保健室の先生(女のひと)のイメージに近いかしれません。

保育園の場合もそうですね。

こればかりは実際に就職希望したわけではないので不明です。

機会があれば目指してみて下さい。

ただしあくまでも病院や施設などのベーシックな働き先が最初はメインです。

そのようなところで看護師の新人教育を大いに受けることは欠かせませんので。

以上看護師の働き先を考えたうえで男性看護師には少しだけその範囲が狭い可能性を示唆しておきました。

看護師になりたい方は目指すべき

看護師になりたいと思った方は是非目指して下さい。

看護師になるためのお話ですが、一応適正的には並の倫理観とか普通に人間が好きであれば問題ないと私は思っています。

命にかかわる仕事だから、並外れた責任感とか、猛烈に凄いスキルが必要であるという事でもないのです。

実際看護師にでも注射が苦手な人も包帯が巻けない人もいます。

始めはみんなそうです。

でも命の現場で働くことになります。

そのために教育制度が病院には多くあります。

皆とおってスキルを磨きます。

よってなんとかなります。

でも人間嫌いや素行の悪い人は向きません。

普通であればOKです。

人間関係にまいって普通じゃなくなってしまう人もいます。

それはどこの企業でもそうでしょう。

人生サバイバルです。

どこに行ったってそうでしょう。

なんでもすぐに投げ出すタイプの方はちょっと難しいですが。

看護師になったらとにかく頑張るので、そのかわりにくいっぱぐれたくないとか、そういったメリットにありつきたいとかの動機で私は十分だと思います。

良かったら転職して下さい。普通のあなたなら大丈夫です。あっ、辞めた人が普通じゃないとかという意味でもないです。

以上、私のいち看護師としての意見ですが参考になれば幸いです。

おかえりなさい
管理人のおかえりなさいです。現役看護師×ブロガー×医療系ライター。ご依頼はお問い合わせからお願いいします。

お薦め(PR)

ナース人材バンク

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)