ナイチンゲールにはなれない!

ナイチンゲールにはなれない!

看護師の仕事・収入・資格

「動物看護師資格」について同じ業界人として「人間を診てきた看護師」が思う事

「動物看護師資格」について同じ業界人として「人間を診てきた看護師」が思う事

人間を診る看護師おかえりなさいです。

動物看護師って知っていますか?

動物看護師ってどんな仕事

20160618213843

動物看護師の事、そういった職業があることは知ってはいました。

というより大勢の方が動物看護師の存在は知ってはいることでしょう。

でもその仕事内容とか資格の事あんまり知らないのではないでしょうか?

そういう私もその一人です。

動物を診る医師を獣医と言いますが、その名の通り獣クラスの動物も診察・治療するわけですよ。

そこに関わるのが動物看護師?

そう思うとちょっぴり人間を診る看護師よりもおっかないかも!?

などと思ってしまいますが、実際にはどうなんでしょうね。

動物看護師も人間の看護師も「看護師」という名称がつく以上、仕事内容は診療の補助であったり、患者や動物のケアになってきます。

動物看護師の資格制度やその動向

最近動物看護師の資格制度に変化があったようでです。

そもそも「動物看護師」の場合、「民間資格」ですが、人間を診る「看護師」は「国家資格」となります。

いわばペットの命と健康を守る大事な職種である動物看護師の資格は国家資格ではなく、公的資格でもないという現状です。

これまでも動物看護師の社会認知度の向上と、社会的地位の向上のため資格制度が平成12年から動物看護師の認定制度に関する活動が行われてきました。

しかしながら、先のように公的資格が与えられない制度であることは変わらず「動物看護師」という専門職の確立を望まれる声が上がっていました。

旧・JAHA認定動物看護師 制度一覧(参考)
3級

動物看護士業務について理解・習熟し、VTとしての業務が遂行可能と判断されるもの

具体的には、動物病院でVTとして働いていくにあたって必要とされる、最低限の基礎知識、技術、心構え等が身についているかをみていました。VT養成校を卒業したばかりの学生、動物病院に勤務したばかりのVTの方にも受験できました。

2級

動物看護士業務について高度な知識と技能を持ち、他のVTの範となりうると判断されるもの

ヒューマン・アニマル・ボンドの考え方を理解した上で、動物病院での日常的な実務が責任をもって確実に遂行でき、より経験の浅い他のVTの模範となり得ることが、2級のVTには期待されます。受験には、3級の資格取得後、指定セミナーへの規定の出席率があること等の条件が必要でした。
3級

VTの指導者たりうると、知識・技能・人格ともに判断されるもの

1級のVTには、動物病院のなかで指導的立場に立ち、後輩の指導、育成ができること、日常業務はもちろん、緊急の場合にも、状況に応じた的確な判断のもとに業務が遂行できること、などが求められます。受験資格も、動物病院での勤務経験、勤務している動物病院の院長の推薦、指定セミナーへの出席率等、かなりきびしいものです。試験は、筆記と面接の両方が行なわれ、高い合格基準をクリアする必要がありました。

20160618213932より

上記の旧資格制度に代わってこれまでのバラバラに存在していた資格制度を統一化しようという働きが行われてきています。

統一された「認定動物看護師」受験資格については次のような受験資格が必要となります。

2014年度までの「移行期間中」の受験資格
(1)動物看護関連専門校・専門学校・専修学校・短期大学・大学の既卒者、もしくは卒業見込み者
(2)動物看護師として3年以上の勤務経験のある人
(3)上記資格に相当すると機構が認めた者
2015年度の受験資格
(1)動物看護師統一認定機構が推奨したコアカリキュラムに基づく「動物看護学」を教育する学科あるいはコースを有する専修学校あるいは大学において、認定動物看護師になるのに必要な単位(必要時間数)を修めた者(2016年3月31日までに修める見込みの者を含む)。
(2)動物看護師統一認定機構の受験資格審査により個別に認めた者(なお、2012~14年度の動物看護師統一認定機構の試験を受験詳しくは 認定動物看護師し、不合格になった者は当分の間、受験資格を有する)。
Sippo Topics  動物看護師「動物看護師」専門職の確立へ

現在はこのように動物看護師の資格の公的化の方向を目指すための転換期・移行期であるのかもしれません。

私たち人間を診る「看護師」もかつては看護士という名称であったものが「看護師」に名称変更されたように、「動物看護士」も「動物看護師」へ変更されてきているようですね。

以前は漠然としか、知らなかった動物看護師の制度ですが、知ればその歴史に興味が沸いて来るというものです。

そもそも男性看護師である私も、言ってみればまだまだその男女比が極端に偏っている業界ですし、男性看護師の活躍を期待しているところででもあります。

男性看護師の受け入れの前向きでなかった病院もかつては存在していたとも言われていますが、だんだん普及しているのは資格の認知度の向上と、実際に男性が看護師となって社会進出している事も影響していると思いました。

この看護師の名称の変更は凄いなと個人的に思うのは、以前は「看護婦」「ナース」などで親しまれていた呼び名が今急速な勢いで「看護師」という名称が注目を浴びてきています。

検索ボリュームに見る「看護師」に急激に注目が集まっている事実!

私はブログをしていることからも、世間の注目しているインターネット検索の打ち込みの事「キーワード検索」というのですが「看護師」がうなぎ登り状態である事を知りました。

2004年から現在までのナースの検索ボリューム

ナースではあんまり検索されなくなってきていますね。

ナースの検索

それがですよ!看護師になると一気に登っているじゃありませんか!

2004年から現在までの看護師の検索ボリューム

看護師の検索

もう全く逆転現象が起こっていますよね。

今看護師という名称に世間の注目は非常に上がっているという事です。

それだけGoogleでは検索されており、それだけ看護師というキーワードに需要があるという事ですね。

ようするにその名前の認知度は依然と比べて格段に上昇しているのです。

今はスマホさえあればどこでも誰でも検索できる時代です。

ひと昔前に比べて看護婦さん?介護士さん?と何度も言い間違えられるケースは格段に減りました。

それだけ男性の看護師も含めて認知度が上がってきたんだなと現場の生の声として実感しているのです。

そして見ていただきたいのはこちらです。

2004年からの動物看護師の検索ボリューム

動物看護師の検索

いかがでしょうか!?

動物看護師で検索される機会も格段に上昇しているのです。

それだけ世間は注目し出したという事ですね。

看護師においても言えるのですが、動物看護師も現場の仕事の大変さから離職率の共に多い業界です。

そのためどちらも人手不足が言われているのですが。

動物看護師もこれから資格の公的化などによって求職ニーズがもっと向上すればいいなと思いました。

共に看護を行うお仕事としてこの業界全体を盛り上げていきたいものですね。

おかえりなさい
管理人のおかえりなさいです。現役看護師×ブロガー×医療系ライター。ご依頼はお問い合わせからお願いいします。

お薦め(PR)

ナース人材バンク

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)