ナイチンゲールにはなれない!

Just another WordPress site

空気を飲み込み過ぎてはいませんか?噛みしめ・呑気症候群とは

空気を飲み込み過ぎてはいませんか?噛みしめ・呑気症候群とは

噛みしめ・呑気症候群

お腹が張る、げっぷがでる、おならがよくでる、頭痛など、日常から空気を呑み込み過ぎることで起こる噛みしめ・呑気症候群というものについてお話しします。

単に呑気症とも言ったりするそうです。

火傷の治療にも効果を実証したという細胞力とは?

手荒れ用化粧水

自覚して空気を呑み込んでいると思っている方またはそうは気づいていないけど、空気を知らない間に呑みも見込んでいる方も少なくないのではないでしょうか!!

現代はストレス社会と言われてそう新しくはありません。

なぜストレスかと言うと、歯を噛みしめて空気を呑み込み過ぎてしまう噛みしめ・呑気症候群と心理的要因つまりストレスとも深いかかわりがあるのです。

仕事や社会生活などにおいての心理的ストレスもそうですが、例えば、うつむいてパソコンをしているような姿勢でいるときにも身体的ストレスがかかり、呑気症の一因であると言われています。

噛みしめ・呑気症候群は一般に診察を受けて内臓などの検査を受けて異常がないことによって診断がつかないこともあるようです。

一方心理的による症状であることから心療内科領域での治療も必要と考えていいかもしれません。

空気を多く飲み込む原因として、歯を噛み合わせている時に力が入り過ぎて、食事をとるときと同じような口腔内の状態が作り出されているためです。

私たちは食事をとるときに食物を噛み舌を上あごに押し当て嚥下という呑み込みの動作が起きますが、歯を食いしばることで食べ物がないのに何かを飲み込もうとするために空気の呑み込みが起きます。

すこしずつ空気や唾液を飲み込んだりすること自体は普通のことですが、歯を食いしばる習慣があり、人より多く空気を呑み込む方はお腹に空気もたまり、げっぷおならを我慢するあまり苦痛となってきます。

普段から唾液を多く飲み込む癖があるかたもその原因と言われています。

そしてストレスを抑えるように心のケアを受ける必要がある方もいるかもしれません。

また歯のかみ合わせを少し抑えることで空気の呑み込みを抑える治療もあるそうです。

これは歯科医での治療となりますが、その方法としてマウスピースのようなスプリントという器具を使用するようです。

これによって、必要以上の噛み合わせを抑制し、空気の呑み込みを少なくしたり、噛み合わせることで力のかかっていた筋肉の負担を和らげます。

歯のかみ合わせで起きる障害は次ような症状が起こりやすいそうです。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • あごの関節痛
  • 目の疲れ

空気の呑み込みによる不快症状のげっぷやおならや、胃部や腹部膨満感、や筋肉の疲れや痛み以外にも胸や心臓あたりが痛かったり苦しいという辛い症状まで出ることもありますので、あまり気になる方は対応可能な診療機関で治療されることも必要かもしれません。

私自信も、もともと空気の呑み込みが多いほうですし、パソコン作業の多い日々に姿勢を注意する必要がありそうです。

お医者さんにかかるまでもないという方でも、空気の呑み込みが気になると思う方は適度なストレス発散を行いましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

病院以外で働きたい… 夜勤なし、日勤のみで働きたいけど収入はあまりさげたくない… その気持ち凄くわかります!
Return Top