ナイチンゲールにはなれない!

ナイチンゲールにはなれない!

看護豆知識

あなたの足裏アーチしっかり作られていますか!?成人偏平足なら対策を!

あなたの足裏アーチしっかり作られていますか!?成人偏平足なら対策を!

足裏アーチのお話

偏平足とは足の裏のアーチがしっかり形成されずに足裏に凹凸の少ない平らな状態の事を言います。

子どもの頃は足の裏土踏まずの所に脂肪がつくため、基本的に偏平足の状態になっています。

8歳くらいまでに自然と土踏まずが形成されてきます。

成人になっても現れる偏平足には次のような症状が現れます。

  • 足の裏の痛み
  • 歩行障害
  • 足が疲れやすい

主だった症状は上記の点ですが、特に無症状で経過することも多いようです。

症状は足のアーチが少なく足裏が地面に直接設置するほどの偏平足では、足裏で吸収されるはずの衝撃が吸収できないため、膝や股関節など他の部位に負担をかけてしまいます。

自力でできる偏平足の治し方

偏平足は運動療法で治せるものもあります。

以下の方法をお勧めします。

  • 足の趾の間で小さなビー玉などのものを挟んだりつかんだりする動作
  • 足の趾先を床面に立てて行うつま先歩き
  • 逆に足の趾先を上に挙げて戻すの繰り返し運動

大人になっても偏平足であったと気が付いた場合、上記のトレーニングなどが有効です。

足裏をあまり意識しないで生活していた場合、しっかりと足の趾を使う習慣もなく、足裏で衝撃を受け止めたり、するという筋肉の動きも忘れてしまい、靴やスリッパなどの吐く時間も多いことで足の趾を開いてしっかり地面につけることも少なくなってきます。

普段の生活で少し「足裏アーチ」を意識していただくと良いかも知れませんね!

私自身も成人になってから偏平足である事に気が付きました。

始めは、畳やじゅうたん敷きのあるところでは良いのですが、裸足でフローリング等を歩くだけでも足が痛くて悩んでいたものです。

しかし、そのようなフローリングで歩くこと、足裏で床を踏みしめる感覚に慣れることで自然と足の筋肉の使い方にも慣れ、次第に痛みも消えていきました。

普段しっかりと自分の体重を受け止める必要がある足裏って、意識することが大切だなって思いました!

390518b4e3169410c0b9e0ed914b30da_s

運動療法以外には、足底足板や治療靴といった治療器具を使う方法やテーピングなどの方法を行う場合もあります。

自分でやっても治らない偏平足で、つらい症状にお困りのようでしたら、専門の医療機関に相談される事もご検討ください。

以上、今回の記事がお役に立てれば幸いです!

おかえりなさい
管理人のおかえりなさいです。現役看護師×ブロガー×医療系ライター。ご依頼はお問い合わせからお願いいします。

お薦め(PR)

ナース人材バンク

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)