ナイチンゲールにはなれない!

ナイチンゲールにはなれない!

看護豆知識

今ある問題点を関連図で整理しよう!論理的思考も上達!

今ある問題点を関連図で整理しよう!論理的思考も上達!

暮らしの問題点を整理したり分析するなら関連図がおすすめです!

関連図は図式化することで問題点と解決策を繋ぐツールだ!

目の前の問題点を図式化することで正確に把握しやすくなります。抱えている問題点はじつは一つではなくいくつかの要因があって起こっているかもしれません。

冷静に物事を見つめるためにも図式化は有効です。

関連図とはその名の通り物事の関連性を示した図式になります。

四角で囲んだ物事や人を矢印で結んだだけの極めてシンプルな図式ですが、頭の中で考えるだけでは記憶や浮かんだ発想などを留めておくには限界もあるため、いったん整理したりする必要があります。

図式化することで頭の中の情報をいったん整理できるので、関連図はメモがわりにも書き留める事ができます。

あとから修正して展開していくことや、そのメモがあることで一歩引きの視点で全体像を把握することにも役立ちます。

自分も含めて全体を俯瞰するといったイメージです。

全体像を把握することでさらなる解決策をみいだせる可能性もあります。

会議やカンファレンスに関連図で準備しよう!

問題点を話し合う場所や機会としてあてはまるのが、会議カンファレンスなどの議題の解決にも便利なのが関連図です。

例えば私の場合、以前行った職場でのイベント事を振り返ったのですが、会議で決定したイベント案から実際に開催したイベントに対して振り返った際にいくつかの問題点というか反省点がありました。

問題点は箇条書きとしてピックアップされましたが、解決策を導く場合に先ずはその反省点は何が原因なのかを把握するのに図式化が有効となりました。

レクリエーションイベントを開催し、スケジュール通りに時間進行出来なかった。

会場の動線の不具合。不測の事態が発生。盛り上がりにかけた内容。対応への参加者からのクレームなど。

レクリエーションイベントを開催した結果いくつかの問題点(反省点)が発生したことを振り返ったのです。

ひとまず情報を整理するためには問題点を箇条書きとてまとめるのが適していますが、会議などの出席までに内容を分析してさらに解決策、改善案までをまとめておきたいものです。

そんな時に関連図は非常に便利です。

全ての問題点には原因があり結果反省点となる事態が起こっているわけですから、矢印で反省すべき結果に至った流れを見つければいいだけです。

原因がわかれば解決策まで書き込みます。

関連図とは通常矢印で繋ぐのですが、上の画像は持ち合わせたアプリが矢印になっていませんが参考として掲載しています。

関連図のように問題点→原因←解決策といった流れをうまく頭の中で整理出来なければ、会議で無駄な時間を過ごすだけになってしまいます。

もちろん会議に出席する人達の中には頭の回転が速い方がささっと発言するわけですが、こういう事前の準備があれば会議に出席→発言しない人とならずにすみます。

関連図はロジカルシンキング(論理的思考)の練習に最適!

関連図はいくつかの事象を矢印て結ぶ過程において頭の中の考えを反映させたツールでもあります。

それゆえにディスカッションしている最中にも問題点を把握するなかでの思考のプロセス、分析過程が捉えやすく論理的にまとめて発言するのにも助けとなります。

何故ならば、関連図にて問題点を分析する際に思考として、問題点の原因を追及する→原因を探るがなければもっと掘り下げる。気付きがある(根拠の発見)。

原因が複数ある→全て矢印として示す事ができる→原因を列挙できる。

誰しも失敗はあるものですが、それ(原因)をアセスメントし、改善案を見つけることが大切です。そしてそれ(改善案)を次に繋げるために関連図はあるといっても良いのです。

会議やカンファレンス等の議題が決まっていればそれに対応した準備をしておくことでロジカルシンキング(論理的思考)を経てきちんと発言することが出来ますね。関連図をベースに改善案の提案資料などを作成することもできるかもしれません。

ささっとメモ代わりにでも関連図を利用すると身の回りの物事を把握しやすいので、関連図を活かしてみるのをおすすめします!

おかえりなさい
管理人のおかえりなさいです。現役看護師×ブロガー×医療系ライター。ご依頼はお問い合わせからお願いいします。

お薦め(PR)

ナース人材バンク

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)