ナイチンゲールにはなれない!

Just another WordPress site

介護士(看護助手)が病院勤務をする場合の役割仕事内容

介護士(看護助手)が病院勤務をする場合の役割仕事内容

介護士には様々な仕事場がある

私は看護師ですが、以前は介護士でした。

看護師なるには国家資格が必要ですが、介護士も基本的には有資格者の方もたくさんいます。

介護福祉士や、ホームヘルパー資格者など介護系有資格者が介護に携わる事が多いです。

一方資格者でなくても介護の現場にて勤めることも出来ます。

看護師とは違い採用条件次第だからです。

介護士が働く現場はほとんど看護師が働く現場と近いと考えてもいいのです。

お祝い金を還元出来るのには理由があります❗

看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】

ただしベースに介護が必要な現場というニーズがあることが必要です。

介護の仕事は訪問介護、訪問入浴、デイサービス、病院、クリニック、福祉施設など多岐に渡ります。

また訪問介護など、個人ベースで動くこともあり、相応の責任がある重要な仕事であります。

私は看護師になる前には介護士を病院でしていた経験がありますが、介護士が病院で働く場合、基本的には病棟を一人で勤務するということはありませんでした。

しかしながら夜勤がつきものの病院勤務ですから、人数が限られる病棟の夜勤は限りなく一人に近い環境になることも珍しくは無いでしょう。

病院勤務の介護士の仕事内容

介護士が病院で働く場合は、介護士と看護助手等と役職が区別されるケースがあります。

どちらかというと病院勤めの介護士は看護助手という呼び名で勤める事が多い印象です。

またそれは病院のカラーにもよります。

急性期医療がメインの病院、病棟であれば看護助手、療養、介護型の病院、病棟であれば介護士という立場をとることが多い印象です。

しかしながら、看護助手も介護士も仕事内容は介護がメインの場合もあれば、より医療機器の整備や準備清掃、滅菌物の準備など、労働内容が勤める病院、病棟、部署によってかなり違います。

一応、本投稿では介護士と看護助手を区別せず書いていきます。

配属される部署の役割がより仕事内容に影響します。

例えば手術場勤務の場合、医療機器、器具のメンテナンスに明け暮れる仕事になる場合もあります。

病棟勤務の場合、採用の絶対的な人数の割合だと病棟が介護士の活躍する場になることでしょうから、一般的に求められる介護士、看護助手の仕事内容を列挙します。

排泄ケア

介護の仕事の大部分は排泄ケアに携わる事でしょう。

排泄ケアとは、床上排泄の患者であれば、オムツ交替、尿器介助、便器の介助、陰部の洗浄介助などです。

これと平行して体位変換介助が必要ですし、衣類を整えたり、体の位置を移動(ポジショニング)したりします。

とりわけ入院中の患者の体を動かす場合には、様々な基礎疾患がベースになっており、血圧や、麻痺、カテーテルや、点滴類の取り扱いにも注意がより必要てなります。

より医療的な処置をしている患者さんは看護師とペアになって関わる事になります。

食事の介助

食事の介助とは、食事のセッティングや、口腔清拭、顔拭きなちど一連のケアを行う事が多いでしょう。

食事介助にも患者の病態の知識が不可欠です。

ベッドの頭もとを上げる高さ(ギャッジアップ)の角度であったり、車椅子でのポジショニング、麻痺の有無、嚥下状態など総合的に判断し食事を介助する必要があります。

食事を介助する以上、その患者自身で食事を摂れない何らかの理由がそこにあるからです。

入浴介助

入浴介助は患者の清潔援助の中でも、とりわけ危険を伴う介助となります。

足元は滑りやすく、患者の移乗時の転倒や、浴槽で溺れる、ヒートショックなどあらゆる面で注意が必要です。

また気管切開をしている場合や、酸素療法の必要な患者、点滴等をしている、ストーマを付けている患者等医療知識がなければ対応出来ない患者も病院にはたくさんいます。

これらに限らないのですが、基本的には病院では看護師が入浴介助に入り様々な指揮や注意を計りながら介護士、看護助手等と共同して入浴介助を行います。

検査への送迎介助

病院では入院患者の定期検査や、緊急時の検査が入り、しばしばレントゲン室への送迎介助が必要となります。

患者のADLや安静度を確認し然るべき方法で患者を移送介助します。

ケア送迎の相田には、酸素投与が必要なケース、SPO2測定や、血圧の変動、呼吸状態を観察力するヒートがあったりと、やはり専門的な観察力が必要です。

介護士や看護助手の行うケア

介護士や看護助手の行うケアは主として看護師と共同して行うことになります。

それでも介護士、看護助手が病態の比較的落ち着いている患者に対しては単独で検査へのを行うこともあります。

そのため患者の状態の変化に気がつく第一発見者となることもあるのです。

例えば看護助手が腹痛を訴えている、不眠の訴えがあった、同室の患者に対して鼾がうるさく眠れないとの不満を持っていた。

このようなケースに気がつくのは看護師だけでなく、第一にケアにあたった看護助手や介護士であることは決心珍しくはありません。

また、排泄物の異常時、黒色便、血便、血尿、膿尿、あるいは排尿間隔が異常に開いている、腹部が張っている、皮膚に異常があったなど。

こういった病態の変化かも知れない、シグナルは看護師に録っては大変重要な情報となります。

全てのケアを看護師だけでは行うことは難しく、介護職のメンバーと共同しているため、こういった異常(普段と違う)情報に関しては報告をする必要があります。

また看護師事態が何か異常はないかというアンテナを常に広げておく必要があるのです。

介護士・看護助手のその他の仕事

介護士や看護助手は患者への身体的な介助以外にもたくさんの仕事があります。

例えば詰所内の清掃をしていただくこともあれば、患者ベッド回りの環境整備をする場合もあります。

ベッド周りが乱雑になっていると、足元など転倒リスクが高まります。

また衛生上も美しく保つことにより感染症などの予防にもなります。

手術室や、清潔操作時の処置で使うような滅菌物の管理を行うのも看護助手等がすることが多いです。

これらの取り扱いは滅菌されたものを無菌状態に保つために慎重に取り扱う必要があります。

その他にも吸引器の清掃など医療機器を取り扱います。

今日では介護士などが研修を受け介護士による口腔内の吸引を実施する施設も増えてきています。

医療行為の補助は看護師だけでなく、介護職に対してももっと要求されていくかもしれませんね。

まとめ

介護士から看護師へと資格取得し、転職を果たした訳ですが日進月歩に医療現場が変化していく流れの中で、病院のような医療現場を取り巻く流れもどんどん変わって行くんだなと思います。

医療技術はどんどん進んで行く一方、高齢化の社会の流れは高まるばかりです。

医療行為を必要とする施設である病院ですが、このまま高齢者が増え続けると、より介護度の高い患者も比例して増え続けるでしょうから、むしろ医療行為より、介護力が要求されるのであれば、私達看護師より介護職種のニーズが高まるということが出来ます。。

それは病院のベッド数が削減され、介護サービスのある施設などの需要が高まると言うことです。

私達看護職も今後の流れを予測したワークスタイルを考えるべき時なのかもしれません。

密かに公開されている求人にチャンスあり⁉

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

病院以外で働きたい… 夜勤なし、日勤のみで働きたいけど収入はあまりさげたくない… その気持ち凄くわかります!
Return Top