看護師おかえりなさいの教科書には載らない情報共有所

看護師おかえりなさいの教科書には載らない情報共有所

看護師の仕事内容・資格

初めての電子カルテ知っておきたいポイントとは?

初めての電子カルテ知っておきたいポイントとは?

電子カルテは必須!?

看護師が勤める病院、保健施設、クリニック等患者情報を管理するのはカルテです!

医師かが記載する1号用紙、2号用紙や、看護師が指示を確認するカーデックスなど、紙カルテの運用が少なくなってきた昨今そのような言葉も聞かれなくなりつつあります。

あなたの職場はカルテが電子カルテですか?

電子カルテとは何かという職場環境の方もまだまだあるかとは思いますが、医療現場には少なからず、電子機器がありますし、情報管理にコンピュータは必要がとなります。

電子カルテはこれまでの紙のカルテに変わって活躍するコンピュータ上のカルテです。

つまりパソコンがカルテであるのです。

歯が白いと白衣が2倍くらい映える気がします

自宅で簡単に歯を白くするハミガキ レディーホワイトで

セクシー&クールな口元美人になるには

こちらへ

秘密を

なんだパソコンが電子カルテなのかと思えたあなたならば、電子カルテに馴染むのは1カ月もあれば十分でしょうね。

電子カルテはパソコン上で動く専用のソフトウェアで管理するデータベースです。

サーバーに接続されることで、必要な情報が院内の誰でもどこにいたってアクセス可能です。

全ての端末が全ての情報にアクセス可能になり、紙カルテのように取り合いする必要が無いのです。

私自身も紙カルテから電子カルテへの転換期に生きた1人として、紙カルテから電子カルテへ移行することで得られるメリットを体感しました。

逆に初めから電子カルテだったらわからないことです。

電子カルテは必須かという議論はもはやするべきではないでしょう。

家庭にパソコンは不要かどうかを議論するようなものです。

アナログ推進派の方はどうぞ、紙カルテに固執し、電子カルテ断固反対を謳った病院にお勤め下さい。

電子カルテ導入への障壁

はい、先ほど電子カルテは必須と偉そうなことまで申し上げましたが、実は電子カルテ導入時にはメリットもあれば当然デメリットもあるのです!

どんなものにでも光りますと陰がありますが、電子カルテにももれなくあります。

地球上の全ての物にはあるんじゃないですかね。

上から光が当たれば必ず影が出来るように。

電子カルテのメリットはやはり利便性の向上です。

情報へのアクセスの容易さ、複数人が電子カルテにアクセス出来ることで、確実に時短効果が生まれます。

もうカルテを取り合う必要は無いのです。

また私の個人的な意見ですが、電子カルテなら医師の難解な下手な文字を解読する必要から解放されて嬉しい限りです。

ちなみに私の文字も医師以上に下手なのですが。

誰が読んでも読める。当然ながらコンピュータが描く文字は達筆なのです。

これは医師の文字が解読できるスペシャリストが昇進するという、ジレンマから解放されるときが到来したということなのです(笑)

電子カルテを初めて扱うならここに注意が必要

看護師である皆様方なら色々なキャリアをお持ちでいらっしゃることでしょう。

年齢や経験部署も様々であり、高齢⁉な看護師であればあるほどもしかしたら電子カルテに抵抗感があるかも知れません。

先にも言った通り電子カルテはパソコンなのです。

つまりパソコンが扱えない、あるいは扱う機会がいままでなかった方も少なからずいるのです。

しかし時代はIT化、情報化社会です。

もうジャングルの奥地にでも行かなければコンピュータの支配からは逃れられないのです。

ましてや、ものすごい情報が管理されなければならない病院なら膨大な情報を管理できるコンピュータに頼った方があらゆる意味で楽なのです。

情報はコンピュータに残し、人間らしきケアは私達自身の手で行う、そういったスタンスがこれからの医療には求められます。

人間らしきまでコンピュータやロボットに支配されないように気をつけたいですがね(-_-;)

Siriや女子高生リンナが医療現場に進出してこないように願います(笑)

さて、そんな心配はよそに電子カルテは着々と私達の医療現場に導入されております。

なかには電子カルテ一斉導入する話を聞き退職者が大勢でた病院もあるとか…。

それだけにパソコンに対してアレルギー反応さえ催す方もいることは事実なのです。

あなたの病院は電子カルテですか?

電子カルテ導入予定ならば、少なからずコンピュータアレルギーの方々がいる事を踏まえそのような方々を説得する機会を持ちましょう。

実際には電子カルテは難しくはない

電子カルテはあくまでもパソコン上のカルテです。

カルテを初心で学んだあの頃(新人)の気持ちになれば誰だってやりとげられるはずなのです。

今さら新人に戻れって?というような考えは捨てるべきですよ。

初心忘れるべからずという言葉のように、初めて学んだ頃の気持ちに戻れる心構えは大切なのです。

現に医師の方々でも一から電子カルテにあくせく不慣れながらも奮闘されており、一から学ぶのは誰しも同じなんだと気づかされます。

電子カルテはパソコンのソフトウェアなどある程度使えるレベルであれば、それほど難しくはありません。

そこに記載されるカルテ用語やルールなどがわかることが前提にはなりますが。

パソコン自体に不慣れな方は大変かもしれませんがパソコンを一から学ぶ努力も必要です。

今やスマートホンだって中身はパソコンなのですから、それを扱えるのならパソコンである電子カルテも扱えるはずなのです。

ここ早く知っていれば…。段ボールいっぱい数十万円分の教科書をちり紙交換に出してしまった私…。 医学書・医学専門書、看護・薬学などの教科書・専門書の買取サイト「メディカルマイスター」

お薦め転職サイト(PR)

おかえりなさい
ナース人材バンクは正に王道!真っ直ぐに転職の事だけを考えるならお薦め♪私も一最初に登録したのがこちらでした。
ナース人材バンク

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人のおかえりなさいです。元介護士、現在は看護師、医療系ライター、一児のパパ。奥さんは年下の先輩ナース。お家でも逆らえません。看護の教科書には載らない話を共有しましょう。寄稿・その他のご依頼は お問い合わせ からお願いいたします。