ナイチンゲールにはなれない!

Just another WordPress site

ナースの転職の悩み男性目線ではこうなる!

ナースの転職の悩み男性目線ではこうなる!

ナースおかえりなさいです。

看護師である以上転職って言葉が頭によぎるのは誰しも経験している事でしょう。

看護師と転職

看護師は生涯数回転職すると言われています。

転職する回数はある転職サイトによると、2回から3回、またはそれ以上です。

何年もキャリアのある看護師の場合逆に転職を一回もしないという看護師はかなり希少な存在です。

そうはいっても私の周りにも転職ゼロの看護師は実際にいます。

密かに公開されている求人にチャンスあり⁉

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

私自身も数回転職を行っていますが、看護師が転職するきっかけってどのようなものが多いのでしょうか?

私は次のように思います。

  • 人間関係の不満
  • 給料面での不満
  • 希望の部署がない
  • スキルアップがしたい
  • 休みが少ない
  • 残業が多い
  • 研修行事や委員会が多すぎて疲れた
  • 結婚する
  • 子どもが産まれる
  • 看護師という仕事に恐怖心を抱き始めた
  • 女ばかりの職場だからやりにくい
  • 体調が悪い

このようにざっと思っただけでも10個以上並べることが出来ました。

こんなに不満や辞める理由が多い看護師になぜなったの?

そうですよね。看護師になりたくてなったのは自分ではないですか?

中には親に勧められてなったという方もいるでしょうが。

勧めるという事は親も看護師や医療介護関係に勤めている場合も多いと思います。

また漠然とした看護師は稼げるとか食いっぱぐれがないとかっていうイメージでなった方もいるでしょう。

私も食いっぱぐれのない看護師になってみたいと思い、食いぱぐれの危機感を持っています(笑)

食いぱぐれの危機感とは現在ではなく将来への不安になります。

看護師って安定の職業のイメージがありましたが、看護師を転職するきっかけとして先ほど列挙した内容を見ていただきましてもわかるように、あんまり安定しているとは言い切れません。

ただし、看護師の場合、全く違う職種への転職とは違い看護業界内での再就職のための転職としての意味合いがあります。

もちろん全く違った職業に就くのもありです。

少なくとも’看護師としての仕事にありがちな恐怖心が消えるでしょうから。

看護師の仕事にある恐怖心とは、命を預かる仕事に対する恐怖心でしょう。

何かあったらどうしようという恐怖心は、看護師である以上一生消えないのかもしれません。

看護師んい限らず、命を預かる仕事って他にもあるんですがね。

ドライバーや、保育士、警察官、消防士、船頭さん、ベビーシッター、ある意味いじめ問題とかもある教員もそうです。

人生に影響を与え、命の重さと向き合う仕事って結構多いものです。

けっして医者や看護師だけが背負っているものでもないのです。

本当にみんなつながって生きているのです。

私たちの社会は多かれ少なかれ責任が生じます。

看護師だけがと悩むこともないのです。

いきることはそういったジレンマとも向き合ってもがく事かもしれませんね。

少しでもその重荷と感じる部分を軽くするストレスマネジメントが看護師にも必要です。

背負い過ぎると息苦しくなるものです。

時々背中の荷物を降ろしてやる習慣をつけたいですよね。

私はマインドフルネスを先日より取り入れるようにしました。

そういう私も看護師という重責とかストレスとか、いろんな負の魔法を自分にかけ続けてきたものです。

看護師の転職はいざという時に使えるカードのようなものです。

どうしてもだめになりそうなと時、転職で乗り切れるのであれば、やっておくべきでしょう。

絶対に人生に負けてはいけません。

というより人生を絶ってはいけません。

他職に比べても転職へのハードルは低いというのが看護の世界です。

転職の情報はいくらでもあります。

男性看護師目線での転職理由

男性看護師という立場柄、女性看護師とのやり取り上手でなければある意味勤まらないのも看護師の仕事です。

男性看護師目線での転職理由としては次のように上げることが出来ます。

  1. 給与面での不満
  2. 女性同士の人間関係の輪に入れない
  3. 男性が少ない

男性目線で考えると看護師の転職理由に上のような内容が加わります。

2、3の理由を除けば1は一般的な看護師の転職理由と同じ事です。

2、3は男性特有の理由という事になります。

では1は一般的な看護師の転職理由と同じと言いましたが、同じようで同じではないのです。

それは男女差として数字に現れる年収の差です。

男性の看護師の場合、一般サラリーマンの年収に比べると残念なことに低いのです。

こちらの投稿内でもお伝えしていますが、看護師の平均年収は当時473万円でした。

そして看護師のお給料は頭打ちします。

残念ながら寝たきりカーブを描く年収推移で進むことが予想されます。

そういった意味でも男性が、一家の大黒柱になるという条件下ではやや不利な状況ですね。

昇給や年金保障制度がかっちりしていればそんなことは考えなくても良いのですが、世の中そこまで確実とは言い切れません。

そのために私は看護師の副業を推進しているんですが、チャンスがあれば高収入好待遇の職場にだって転職をすればいいのです。

ポジティブな理由の転職なら迷う事はありません。

また反対にネガティブな転職理由でも、自分がダメになるのであれば生きる道として転職を選ぶことも大切です。

そうそう、自分に負けそうな状態であるのであればマインドフルネスを一緒にやりませんか。

男性目線での2、3の理由は気にならなくなるかもしれません。もしかしたら1の理由も消えるかもですが。

まだ私も始めたばかりです。

効果があればまた報告します。

火傷の治療にも効果を実証したという細胞力とは?

手荒れ用化粧水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

病院以外で働きたい… 夜勤なし、日勤のみで働きたいけど収入はあまりさげたくない… その気持ち凄くわかります!
Return Top