看護師おかえりなさいの教科書には載らない情報共有所

看護師おかえりなさいの教科書には載らない情報共有所

看護師の就職(転職)・収入・副業

慢性期から急性期への転職は看護の基本として経験しておきたい

慢性期から急性期への転職は看護の基本として経験しておきたい

看護師としての第一歩を歩み出すのは急性期だと希望される方も多いかと思います。

看護師の国家資格を取得し有資格者となったあなたの進む道は自分で選べます。

看護師として経験を積むために先ずは急性期で働く事は基本となります。

そういう私は慢性期の患者さんが入院する病棟からスタートしたわけですが。

看護師としての第一歩は急性期病棟から勤めるべきか?

急性期病棟で働く事が基本と言ったのは、何らかの疾病、外傷を受けて治療を必要とする患者さんを対応する為の初めの看護のいろはを学べるからです。

急性期病棟ではそれまで患者さんが入院せずに暮らしていた状態からいきなり治療を必要とする状態になり入院する段階ですから、検査や入院の支度が目まぐるしい位に必要となるため、患者さんにとっても看護師にとっても忙しく時間が流れます。

なかには入院自体が始めてである患者さんもいるわけですから、病院の役割であったり、入院生活の基本から看護師は教える必要があります。

また患者さんは急な入院に戸惑い、なかには悲しみの気持ちを抱いている場合もあり、精神的なケアも含めて迅速な対応力が求められるのが急性期病棟の看護師の役割となります。

患者さんが思う医療の満足度は最終的に退院時に確立するかと思いますので、そういった意味合いでは病院全体で関わっていくべきところです。

それでもやはり第一印象が病院イメージにも大きな印象を残すことはありますので外来も含め急性期病棟での対応は大きな意味を持ちます。

慢性期病棟での看護師は急性期病棟からの患者さんが転入して来るため、引き継ぎを受けて継続した看護を行います。

慢性期病棟では直接患者さんが入院してくることは殆どありません。

慢性期病棟での看護師の役割は病態的には落ち着いた患者さんですが、日々の小さな変化からその疾患が悪化していないかなどの変化を見つける眼、観察力を問われます。

急性期に比べてゆっくりした時間の流れではあるが、変化に気がつける観察力をもった看護が必要です。

また慢性期の患者さんが退院する時にはその病気をもったまま退院することもあり、生活していく上てどう病気と付き合っていくべきかのアドバイスができるスキルも求められます。

病態的には固定された慢性期において患者さんの状態も落ち着いていることもあり、同じ院内(急性期病棟)で作成した看護サマリーにて基本的な情報が揃う事が多いわけです。

1からからの情報収集はあまり必要とされず、入院時のアナムネもなく元となる看護サマリーの情報の把握というのが基本となります。

また直接入院を受け入れる経験も慢性期の病棟では出来ませんので、一旦急性期病棟に入院をして、そこからの転病棟という形になるため、病院内で一先ず患者さんやその家族と病院間の一応の関係性がつくられた形になります。

急性期病棟での場合には、まったく知らない患者さんやその家族に対して1からの関係性を築いていかねばなりません。

患者さんと病院スタッフとの関係性は療養する患者さんにとっては環境としても非常に大事な問題です。

安心して気持ち良く療養出来るかという事に関わるからです。

慢性期から転職し急性期を学びたいという気持ち

私は民間経営の慢性期の病棟で3年間勤めました。

同じ病院内の急性期病棟に移動願いを出せば急性期病棟で経験する事は出来たのですが、どうせなら手術などの出来る病院に勤めたいという希望がありました。

そこで私は3年間勤めた病院から違う病院への転職を決意しました。

看護師向けの転職サイトに登録し希望の条件をコンサルタントさんに伝えました。

私の転職の条件は入院担当業務を経験したいことと、周手術期看護をしたいということでした。

男性看護師における転職活動には意外な落とし穴が

担当コンサルタントさんからいただいた求人情報の中から絞り込んだ結果2つの病院を候補にしました。

同規模程度の病床数をもつ2つの病院であり、どちらも入院担当業務と周手術期看護を学ぶことができる私にとってはどちらの病院も魅力的に映りました。

またどちらの病院も地元では名前の通っている病院であったため内心迷いましたが、ある理由があって1つに絞りました。

1つに絞ったというその理由は面接にありました。

どちらの病院も同じように面接を受けましたが、一方の病院での面接での理由が非常に残念な話を聞かされたからです。

それは面接官が話した一声でした。

聞くところそちらの病院では男性看護師の採用は過去に一例のみだという内容でした。

女性が多く活躍する職場ですの類いととれるワードを出してこられたのです。

恐らくそれは現実なのでしょうが、ただでさえ男性が少ない職場の看護師だけにただならぬアウェイ感を感じました。

それ以上は言うまい無言の圧力ともいうのでしょうか。

そのような感覚を覚えました。

ただそれが実際に男性はあまり採用してない方針と断言されたわけではなかったのですが、あえてそこに行くべきなのかという葛藤を経てもう一方に絞りました。

面接結果を待ったわけではないので、そちらの病院が採用なのか不採用なのかも結局はわかりませんでしたが、男性云々とう話が出なかったもう一方の病院に行きたいとの旨を担当コンサルタントの方に伝えました。

その後そちらの病院に就職出来たわけですが、後に気がつけば男性看護師が比較的多い病院へと成長したというのは今思えば面白いエピソードだなと思っています。

急性期病棟での仕事は慢性期とのギャップが大きい

そしてそれから勤めた急性期の病棟での仕事内容は今まで勤めてきた慢性期の看護とは大きなギャップがありました。

初めての入院担当業務や周手術期の看護は未経験でしたので、それこそ学ぶ事は山程ありました。

電子カルテの操作もこの転職を期に学ぶ事となりました。

何もかもが違う業務内容に初めはついていけるかと心配でしたが、自分から選らんだ道であったためギャップはあって当然、今からでも1からでも学んでやるという意気込みで頑張りました。

ギャップを楽しむつもりで望んだため気持ちが折れる事はなく、あれよあれよと気がつけば数年間が経過していたという感じでした。

慢性期病棟より大変でしんどいんだろうなという急性期に対して持っていた先入観は意外にもそうではありませんでした。

慢性期病棟では看護師の配置かが患者さんに対して少なめであり、15対1など、急性期病棟では10対1や多いところでは7対1等充実していたりするからです。

ケアの内容や入院担当したり、手術の患者さんを受けもったりと目まぐるしい展開はありますが、一度に担当する患者さんの人数は少な目であり、手術や入院担当がついていない日等は意外に落ち着いていたりしたからです。

また電子カルテの導入や申し送りの短縮など、先進的なシステムを備えていた分やり易いところも大きかったからです。

まとめ

私が看護師の資格を取得して初めての病院の慢性期の病棟で勤めました。

それから3年間の経験を経て急性期病棟及び周手術期看護もやりたくなりました。

3年間の期間は病院奨学金を利用していたためお礼奉公期間が3年間ありました。

そのため3年間は退職出来なかったことがあり、その病院では手術自体をしていなかった内科系病院であったため、お礼奉公期間が過ぎてから急性期志望と手術のある病院に就職希望したのです。

私が行った転職の方法は転職サイトに登録し、急性期かつ周手術期の看護を学べる病院2つを候補と伝えました。

その2つの候補の内の1つの病院では男性看護師が少ないというか皆無な状況と言われましたので、その時に対象ではないなと思いもう1つの病院に絞りました。

その時に男性看護師には今でも転職には落とし穴があるなと感じました。

たまたま私が受けた病院が特別だったのかも知れませんが、そういった事もあるのだなと知れたのは世の中を知るという意味ではよい経験をしたのかもと思いました。

初めは慢性期の看護の経験しかなく急性期の看護って勤まるのかなという不安感がありましたが、急性期の看護を経験しておいて良かったなと思いました。

それは自信がないと思っていた分野の内容の仕事でもやってみれば経験しちゃんと身につくからです。

慢性期病棟から急性期病棟に転職し、ギャップを楽しむというスタンスで働けば、大変ではなく楽しみながら学んで働けた事が私が初めての病院から2つめの病院に転職した際のエピソードでした。

火傷の治療にも効果を実証したという細胞力とは?

手荒れ用化粧水

お薦め転職サイト(PR)

おかえりなさい
ナース人材バンクは正に王道!真っ直ぐに転職の事だけを考えるならお薦め♪私も一最初に登録したのがこちらでした。
ナース人材バンク

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人のおかえりなさいです。元介護士、現在は看護師、医療系ライター、一児のパパ。奥さんは年下の先輩ナース。お家でも逆らえません。看護の教科書には載らない話を共有しましょう。寄稿・その他のご依頼は お問い合わせ からお願いいたします。