ナイチンゲールにはなれない!

ナイチンゲールにはなれない!

看護豆知識

急な入院になった!そんな時必要な介護用品はズバリコレです!

急な入院になった!そんな時必要な介護用品はズバリコレです!

病院務めの看護師おかえりなさいです。

急な入院に備えがある方が何かとスムーズに事が運びますよ!

と言っても入院なんてすると思ってもいないときに急にするものです。

そんな時に入院に必要なグッズの中でもかなり必要度の高い介護用品についてまとめてみました。

入院すると少なくともこれだけの介護用品がいるかもしれません

入院時にはその病院・施設によって貸出対応のものや提供しているものも異なります。

院内に売店がある場合とそうでない場合、移動販売があるかないか、自動販売機はあるの?

などその設備や、ショップなどの併設があるかどうかによっても入院時の準備が変わってきますよね。

小さな病院には売店が無い場合も結構あるものです。

そういった場合には、入院時に必要な物がそぐにそろわず買い出しに行くか、家まで取りに行くことが必要になるのです。

高齢化社会を迎え、急な入院でこれまで自立していた家族も一気に介護が必要になることも多々あります。

今まで介護が必要なかったのに急に家族に介護が必要になった場合、あなたはそのような備えはありますか?

それまで生活を自立していた家族のために介護用品など準備していることなど通常は無いのものです。

ましてや入院生活によって認知症症状が発現する場合もあり戸惑う事も考えられます。

今回は入院時にあれば便利なグッズのご紹介をさせていただきます。

いざとなった時にはどうしても介護が必要になります。

いざとなったとは、例えば病気や骨折などで身動きが取れず、ベッド上で安静が強いられる場合や、手術前後の安静による介護などです。

ベッド上安静とは、言いかえれば排泄。食事・清潔などすべてを通して床上で過ごす必要が出てきます。

介護用品食事のシーンの場合

ベッド上で食事を行う必要がある場合は、体の状態的にも痛みがあるとか、頭を高く起こせない、寝返りがしっかりとれないなどあらゆる制限がある場合が出てきます。

そういった場合に食事をとることでも大変困難になるものです。

状況に応じて、さまざまな介護用品が必要になります。

代表的なのが寝ながらの姿勢でも水分摂取が可能なタイプの容器です。

様々なタイプがありますが、手がしっかり使えるか、ストローを使用できるか、角度的な問題も含め検討する必要があります。

かなり寝たままの角度でも飲むことが可能なタイプです。

ストローではないのでき吸うう力がなくとも使える製品です。

ストロータイプのものです。
吸う力があり、しっかりと体を起こせるのであればこういったもので十分でしょう。

病院に入院する際によく持ち込まれることがあっても持ち帰りをお願いするのが、ガラスや瀬戸物のコップです。

万が一の破損や、怪我の恐れのある割れるコップは持ち込みを遠慮していただくのです。

基本的にはプラスティック製のものをお願いします。

食べこぼしも増える床上での食事にはエプロンが使われます。

エプロンは洗い替えを用意するのか、または使い捨てのディスポ―タイプも検討します。

食後の後の口腔ケア、歯磨きなどの際にはこういったガーグルベースが便利です。

お茶などの配茶を行う際に水筒を用意していただくこともあります。
出来れば水筒は安定したものでなるべく細くなく倒れにくく、破損しにくいものが良いですね。

その他箸やフォーク、スプーンなどが必要な場合があります。

病院の案内を受けて必要時にご準備ください。

義歯洗浄剤を使っているのであればそういったものもお忘れなく。

介護用品排せつのシーンの場合

そうなったら、排せつは介護されることになりますので、いきなりオムツをつける場合もあれば、床上排泄用品を使用します。

そんな時何が必要なの?

排せつで言うと、尿器や便器も症状に使用できるものがあります。

尿器はイメージがつきやすいでしょうが、便器も床上排泄用ってあるんですよ!

もし、ベッド上で排せつをする場合、何に気をつかうでしょうか?

臭気や、羞恥心、清潔面ではないでしょうか?

そういった場合にはある程度の備えがあるといいかもしれません。

例えば、防水シーツなどはベッド上に引いて使用するのですが、病院貸し出しタイプ、ディスポ―のタイプ、家から持ち込みを必要とする場合もあります。

赤ちゃんの世話をしたりすると使用することもある、防水シーツはお年寄りなど、床上排泄で介護する場合にも使用します。

若くてももちろん床上排泄であれば使用することがあります。

なぜならば、尿瓶などで対応できても、こぼれたりすることがあるからです。

若い方はやはり、看護師でも介護士でも、排せつ介助をされることに抵抗感がある方が多いため、自分でしますという方が多数です。

ただし、病状や、痛みの程度によっては、時には麻痺のある患者の場合もあるため、うまく自分で排泄物を処理できない場合もあります。

そういった場合は防水シーツを使用するケースもありますし、オムツを着用する場合もあります。

病院の規定で全て家族で購入する必要がある場合もあるので、販売先などを知っておくといいでしょう。

洗濯できるタイプのものもありますが、次のような使い捨てのタイプもあります。

主な販売先は、病院内なら売店内か、外部では大型のドラッグストアやホームセンターなどの介護用品売り場などです。

もちろん通販でも数日要しますが取り揃えることは可能です。

防水シーツは漏れ予防のグッズですが、オムツとセットで使用する場合も多いものです。

オムツとは一言でいっても、いろいろなタイプがあります。

それは患者の動ける程度によっても変わってきます。

タイプ別で販売されています。

立てる人座れる人ようです。

紙製でパンツ型のものです。

トイレ動作が行えることが前提です。

寝た切りである場合はその使用が難しいところです。

寝たきり状態であればテープ止めのオムツタイプが使われます。

オムツは紙パンツ型からテープ止めタイプまで種類もありますがサイズもそれぞれあります。

紙パンツはリハビリパンツなどという場合もあります。

テープ止めのオムツに使用する尿取パットです。

尿取パットとはオムツまたは紙パンツなどの中に入れて使用する尿を吸収するものです。

それぞれにタイプがあるので用途別にそろえ必要がありますが、尿取パットであれば応急的に代用できないこともないです。

排便時にはお尻ふきがあると良いです。

微温湯で洗浄する、陰部洗浄というケアも看護師は行います。

その他の保清のシーンの場合

食事と排せつは基本的に毎日必ず必要なものですので、病院で提供していない場合は、必ず準備する必要があります。

その他のシーンというと、清潔面ですが、食事時の清潔、排せつ時の清潔は先ほどでもご紹介した内容となるかと思いますが、入浴が行えずベッド上で清拭を行う事もあります。

入浴場での入浴であれ、床上での清拭や洗髪を行う場合であれ、シャンプーやリンスー、ボディーシャンプー、タオルの準備、また専用のボディースポンジ等をご準備頂きます。

沐浴剤や保湿剤など必要な物がある場合は準備しておくといいでしょう。

また髭剃りなどは電気式のものが便利です。

安全のため、カミソリなどの刃物の持ち込みが出来ない病院・施設もあることをご理解ください。

最後に介護服について思う事など

今回ご紹介したグッズなどは介護用品としてある程度限定した範囲で説明していますが、介護を要さない入院であっても、病院側で提供していないものがある場合は、原則持ち込みとなります。

患者として、食事、排せつ、清潔などどこまで自立して行えるかの基準で揃えてみて下さい。

何もかも買い揃えてしまって、病院側の規定で使用する用品が決まっている場合もあるので、あくまで入院説明を聞いてからの持ち込みがベストです。

ただし、あらかじめ持ち込みを依頼されるケースも踏まえて、事前に知っておくことも備えです。

こんな商品も番外編として知っておいてください。

介護服というものをご存知ですか?

介護服とはどんなものかイメージがつきにくいかもしれませんが、つなぎ服の一種で、抑制着などと言われることもあります。

何故抑制着なのかというと、自分で自由に脱ぎ着が行えないので、身体抑制にあたるからです。

これらのものは一時的にやむを得ない場合に使用することがあります。

例えば環境の変化とか術後等に起こるせん妄状態と言って、自分の居場所がわからなくなったり、正しい判断が出来なくなったりすることがあります。

せん妄状態で何が問題になるかと言えば、点滴などを引っこ抜くとか身体的に危険なケースも多々あるのですが、こと排泄にのみ絞って言うならば、不潔行為です。

オムツを外して失禁をするなど、ようするにシーツにダイレクトに排せつをするという事をしてしまったり、手でそのものを触ってしまったりと・・・・。

まあ、大変なことになるのは想像できると思います。それが一過性のせん妄であったり、認知症の影響などで起きることがあります。

そういったことがありますと、我々看護師が説明すると。

「まさか家族はそんなことがあろうことか!!」と意気込むこともありますが、あるのです。

なのでそういったときは丁重に「介護服」の購入を依頼する事があります。

家族は「え?何それ」状態になるのですが、その辺りの説明もさせていただいて購入していただくのがコレです。

介護服に関しては身体を抑制するという意味にもあたるので、どうしてもネガティブなイメージを持たれがちです。

それも致し方ないところですが、私は一看護師として思う事があります。

不潔行為を行う患者がいるから即介護服が必要と安易に判断をするべきではないと思います。

ほんの一回だけのせん妄であったりする場合ものあり、このような介護服はけっして安い物ではありません。(7000円前後)

それを購入してい頂くにあたって数着洗い替え分まで依頼するのです。

そうしたら数万円ですよね。

んで実際にはあまり使わずに済むことだってあります。

この辺りの判断は非常に難しいのですが、患者が認知症だからとか安直に判断せずにこれまでの家庭での排せつ行動とか、その患者の性格とか、自立度とかあらゆる面で判断したいものです。

ただ単にトイレに行きたいのに自分ではいう事が出来ず、失禁してしまい気持ち悪かっただけ・・・。

こういったケースと取れることもあるのではと臨床で働いていて、ものすごく忙しい中の状況とはいえ、患者の行動と気持ちと看護という部分をもっと余裕をもって対応出来たらなあと思うこの頃です。

そこら辺を考えるのが看護だと思います。

全てがそうだとはいいません。

色んなケースもるので依頼する家族としっかりその受け止め方も確かめた上で依頼したいなと思う特別な思いのあるこの辺のアイテムの話でした。

ちょっと裏話的になりましたが、必要な場合はポチお願いします。

最後にちょっとだけ、ピンクの介護服を着た超絶可愛いおばあちゃんエピソード!

前述の事情により介護服を着せられたおばあちゃん。

でも家族に依頼したら、どこで買って来たんやレベルの超絶可愛い介護服でした。

もうその色とかデザインは「倖田來未プロデュースか!!」ぐらいの感じでした(笑)※画像のものとは少し違います。

いや~、それどこで買って来たんですか?って聞いときゃ良かったな。

もちろんそのおばあちゃん患者さんは、大人気のアイドル的存在に!

病棟あるあるですが、そんなほほえましくも可愛い認知症の患者さんも多々います。

病棟のお仕事は忙しくも楽しいこともあるのです。

どうせなら可愛い認知症になりたいなとつくづく思う今日この頃でした。

おかえりなさい
管理人のおかえりなさいです。現役看護師×ブロガー×医療系ライター。ご依頼はお問い合わせからお願いいします。

お薦め(PR)

ナース人材バンク

看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)