ナイチンゲールにはなれない!

Just another WordPress site

看護学生は病院の奨学金制度を利用すべき?ポイントはお礼奉公をやり遂げられるかです!

看護学生は病院の奨学金制度を利用すべき?ポイントはお礼奉公をやり遂げられるかです!

こんにちは。

転職を何回か経験している看護師です。

密かに公開されている求人にチャンスあり⁉

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

お礼奉公も経験しました~。

看護師のお礼奉公って知っていますか?

お金と引き換えに奉公する制度です。

封建社会において,主人に対して従者側が果す義務をいう。武士の場合はおもに軍事的負担をいう。一方,主人は,従者に対して所領安堵などの「御恩」を与える。道徳的には,双務契約というより,この「奉公」のほうを強いられる場合が多かった。
コトバンクより

聞こえや響き的にもちょっぴり古臭い感じがしますが、従って仕えるというニュアンスで受け取って良いと思います。

実際には看護師が看護師になる前にですね、例えば看護専門学校とか大学とかにかかる学費をある病院が立て替えます。

そしてその費用の返済を免除する代わりに一定の期間その病院に勤める義務を負う制度です。

病院によってその規定は様々ですが、学費って年間数十万円から百万円くらいはかかりますからね。

その費用を病院が学生向けに立て替えるのです。

奨学金を借りるという事です。

ただしこの奨学金は先ほども言いましたが、このお礼奉公という制度では返済が免除されます。

奨学金を返済免除にしてまでなぜ病院は支払うの?

病院は看護師確保に対して懸命なのです。

看護師不足はどこの病院でも深刻な問題ですが、充実している病院もあれば不人気病院までさまざまですので、看護師確保が難しい病院もあります。

全ての病院が必ずしもそうとは限りませんが、慢性的な人手不足をカバーしている面は隠せないでしょう。

お礼奉公制度を採用している個人病院は探せば結構あるものです。

一般公募していなくても、直接病院に問い合わせるとありますよと言われたケースもありました。

そういう私もこの制度を利用しました。

お礼奉公のメリット

お礼奉奉公のメリットは何といっても学費が大幅にカットできる点です。

学費を親御さんに出してもらえるのであればいう事ないですが、そうであってもそもそもそこに勤める病院に対してなら学費を出してもらうに越したことはありません。

浮いた学費はもっと違うところに回せばいいのです。

学生時代は参考書や通学費、遠方での実習の際には泊まり込みの宿泊代などたくさんお金がかかるものです。

就学のためにアパートを借りるのであれば必要な金額もかさみますよね。

そういった費用から学費を免除できたら大助かりです!

奨学金はうまく活用しましょう。

考えようによって大きなメリットになるのが、その病院への就職は奨学金利用契約成立時点で決まったようなものです。

安心して学業に専念できますよね。

就活なんてしなくていいのです。

ただし、国家試験に必ずパスしなくてはいけないというプレッシャーが付きまといますが・・・。

まあ、ダメでも1年くらいは待ってくれる病院も多いですが。

お礼奉公のデメリット

奨学金をもらってお礼奉公する際のデメリットですが、一番困るのがその病院にお礼奉公期間内で退職する場合です。

つまり途中で嫌になっても辞めにくいという事です。

そりゃそうですよね。

高額な学費を立て替えて一定期間(3年から4年程度)その病院に勤めればチャラにしてくれるんですからね。

太っ腹な病院ですが、えっ?途中で辞めるの?じゃあそのお金払ってもらいますよってのが人情ですよね?

ただし、奨学金制度は必ずしも途中退職して全額返金というわけではなさそうです。病院の奨学金規定にもよるので、その辺はしっかりとチェックすべきところです!

勤めた期間で計算して部分返済など対応がとられている所もありました。

実際はその病院に聞いてみなくてはわからないので、その辺はじっくりと調べておくべきところです。

看護師は新卒から3年以内とかの短期間でドロップアウトすることもあれば、転職することも非常に多い目の業界です。

病院に入る前にその病院がやりやすいかどうかなどわからないものですが、出来る事なら口コミや転職サイトの担当者から情報収取しておくといいでしょう。

とにかく一旦奨学金を利用したら途中で辞めにくいのもこれまた事実です。

ここが最大のデメリットですよ。

看護師の奨学金利用に関して

今回紹介したのは奨学金と言われる制度の中でも、看護師ならではの病院との契約制度として「お礼奉公」について紹介してみました。

お礼奉公のイメージとかメリット・デメリットをお分かり頂けたところでその利用の前にはじっくりと考えて下さいね。

お金にとらわれないのであれば、お礼奉公を利用しないのに越したことはありませんが、利用すれば数百万円単位のお金が頂けるこの制度です。

うまく活用すればお金の節約としては最強です!

特に社会人から看護師に転職しようと思っている方には、3年~4年もの間仕事を辞めてまで就学する必要があるので、看護師の資格取得に対して金銭的余裕を得たいのであれば一考されることをお勧めします。

お礼奉公を利用するかしないかのポイントは1つです!その病院を途中で辞めるかそうでないかです。

お礼奉公が済めば完全に自由ですが。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

病院以外で働きたい… 夜勤なし、日勤のみで働きたいけど収入はあまりさげたくない… その気持ち凄くわかります!
Return Top