Web@ナース

看護とITの情報を発信するWebサイト

キャプチャーソフトの実力派!Screenpressoで画像編集はおまかせ!

キャプチャーソフトの実力派!Screenpressoで画像編集はおまかせ!

みらくる@okaerinasainetです。

今回ご紹介するソフトはScreenpressoです。

Screenpresso

ソフトは公式ページにて取得可能です。

Screenpresso

このソフトの特徴は、PC画面上のスクリーンキャプチャーを取得し、そこに画像編集を加える事です。

このようなキャプチャー&画像編集ソフトは他にもありますが、注釈機能はソフトにより個性があるものです!

このScreenpressoにおいてもやはり特徴的な注釈機能が存在します。

まず始めにソフト上で使用可能なツールを紹介します。

今回はWindowsにインストールしていますのでWindowsのパソコン画面上での操作でお話を進めます。

画像編集機能

ソフトは画面下のタスクトレイに常駐させてそこから起動させています。

右クリックでソフトを起動時のメニューです。

ソフトの起動

まずは指定領域のスクリーンショットを選択します。

選択画面1

スクリーンショットを画面上の目的の箇所でクリックすると、ワークスペースへと保存されます。

ワークスペース

このワークスペースから編集したい画面を選択していきます。

ワークスペースは、タスクトレイのソフトアイコンの上で左クリックにてすぐに起動可能です。

それでは目的の画像ファイルに編集を加えます。

ワークスペースにて目的の画像を選択状態にしておいて、編集ボタンを選びます。

編集する

そうすると編集画面になります。

事前に取得しておいたキャプチャー画像が表示されました。

早速注釈機能の吹き出しを入れていきましょう。

キャプチャ

吹き出しは全部で6パターンあります。

吹き出し

吹き出し1を選択して注釈を加えてみました。

注釈を追加した

「ここを選んでね!」という吹き出しの注釈を入れてみました。このように画像のどこかに吹き出しなどの文字を追加して、画像の説明に一工夫することで活用できます。

ブログなどで画像の説明をする時などにこの注釈機能はかなり使えます。

この注釈機能は他にも次のような「描画ツール」というメニューがあります。

描画メニュー

  • 矢印を描く
  • 四角形を描く
  • テキストボックスを追加
  • 吹き出しを追加
  • 番号付けを追加
  • 強調
  • 楕円を描く
  • 指定の領域をぼかす(モザイク)
  • 画像を追加
  • ルーペを使う
  • 波括弧を描く

その他にも「メインメニュー」として次の機能が使えます。

メインメニュー

  • 確定(保存)
  • 別名で保存
  • 画像を印刷
  • プロパティ
  • 画像をコピー
  • 取り消し

「画像メニュー」として下記の機能も使えます。

画像メニュー

  • 確定(保存)
  • 切り取り
  • 縮小
  • サイズ変更
  • キャンパスサイズ
  • 枠線

以上のように非常に多機能なのが素晴らしいですね。

ただのキャプチャーソフトではなく、画像の切り取りやサイズ変更など会ったらいいなの機能も使えるため、かゆいところに手が届くそんなソフトです!

動画機能

忘れてはいけない、最後に動画キャプチャ機能をご紹介します!

タスクトレイからソフトのアイコンの上でマウスの右クリックで呼び出したメニューより「動画」を選択しまうす。

動画キャプチャー

動画でキャプチャーする領域を点線で囲んで指定します。録画ボタンを押すことですぐに記録が開始されます。

録画機能

録画はタスクトレイのソフトのアイコンを右クリックして「録画モードを終了」を選択すれば停止します。

残念ながら動画されたファイルを指定の形式で変換して保存するためには専用のソフトがいるようです。

次のように促されるので、インストールしてみます。

動画を変換するソフト

追加ソフトのインストール前までは、avi形式での保存となるようですが、追加ソフトのインストールが次の形式に変換できる機能が追加できます。「フォーマット」のボタンを押してから、上の「画像のフォーマット」より変換したい画像の形式を選択します。

追加機能

最後に「OK」ボタンを押すと次の画面に切り替わります。

変換完了

最後に「変換」を選択して完了です。

ワークスペースを開くと次のように動画ファイルwmv形式が保存されていますね!

ワークスペース

以上、「キャプチャーソフトの実力派!Screenpressoで画像編集はおまかせ!」のご紹介でした!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. よろしくお願いします。ずいぶん便利なソフトですね。
    画像機能はだいたい理解できたのですが、動画機能について確認させてください。

    試しにしたのですが外部ソフトをDLしなくても録画されたみたいですが、DLしたほうが色々な形式に変換できるみたいですが、管理人さんの場合はMP4で変換されたのですね。これはMP4が一番都合がいいのですか。

    また、ワークスペースからデスクトップなどの保存はどのようにすればいいのでしょうか。

  2. コメントありがとうございます。私は外部ソフトをダウンロードしていないので拡張機能は使用していません。
    あくまでも私の場合もお試しに使用したのですが、やっぱり動画のキャプチャーは便利だなと思いました。
    MP4としたのは容量もそこまで重たくなくもしかして再編集するのにもいいのではないかと思ったからです。
    ただ最近は動画も編集することもなく、このソフトの出番も内容になって長いので詳しい機能も正直なところ覚えていないのです。
    お力になれずごめんなさいね(/ω\)

  3. 回答ありがとうございます。
    わたしもデフォルトでやってみます。

    また、使っていて気が付いたのですが、このソフトなんですが、ペイントみたいに消しゴムの機能はないのでしょうか。

    • どういたしまして(^^)/
      消しゴム機能はわかりませんが、メニューから一番最後の操作を「取り消す」機能などを使うことはありました。
      「消しゴム機能」あればいいんですがね。
      私の用途では特に必要なくいけました。

      • 消しゴム機能についてヘルプセンターに問合せをしました。ないみたいですね。ならびにいらない箇所の切り取り機能もないみたいですね。切り取り機能は個人情報などをカットする機能です。

        ヘルプセンターの回答は下記です。
        1.We don’t have an eraser function because it’s a non sense in screen capture. Instead you should use the crop, blur and black filled rectangle tools.

        2.The answer is the same for cutting. What you should do is using the crop and the “Copy selected” functions.

        You’ll discover that your experience and the results are far better than when using Paint, Cutting and Eraser.

        • ヘルプセンターでの確認ありがとうございます。
          個人情報をカット出来る機能等を備えているとは驚きです!
          私のようなブロガーはこういうソフトを利用することで表現の幅も広がるので、色々活用出来ればと思います(*^^*)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top