ウィジェットの表示・非表示等あらゆる条件分岐が可能なWidget Logic!

ウィジェットの表示・非表示等あらゆる条件分岐が可能なWidget Logic!

オカエリナサイ @okaerinasainet です。

今回ご紹介するプラグインはかなり使えるプラグインです!

Widget Logic

Widget Logicは、WordPressのウィジェットに条件分岐などの機能を使いすることが出来るプラグインです。

条件分岐とは、色々ありますが一番使えるのではないかと感じたのは、スマホやPCなどのデバイスごとに表示と非表示を条件分岐してします方法です。

これにより、例えばはみ出しそうなほどの広告の掲載・非掲載を使い分けたり、もしくは片方のデバイスでは表示させないといった割り切りも可能です。

プラグインのインストール

WordPressのダッシュボード画面から、プラグインの新規検索にて「Widget Logic」を検索します。

プラグインWidget Logicを追加

検索されたら、「いますぐインストール」を選択します。

プラグインをインストール

その次はインストール➡有効化を行います。

プラグインのインストール・有効化が完了したら、基本的に設定の変更はせずにすぐにその機能が使えます。

ウジェット画面を早速開いてみて下さい。

ウィジェットの編集

 

試しにテキストウィジェットを開きましたが、ウィジェット下部にWidget Logicというエリアが追加されています。

このエリアは全てのウィジェットに追加されますので、ここへ条件指定するコードを入力します。

  • HOME(トップ)ページで表示:is_home()
  • アイカーブページで表示:is_archive()
  • カテゴリーページで表示:is_category()
  • 固定ページで表示:is_page()
  • 投稿ページで表示:is_single()
  • モバイル(タブレットも含む)で表示:wp_is_mobile()

以上の条件指定などが一般的な使用例でしょうか。

最後のwp_is_mobile()はモバイルデバイスで表示させたときに表示させるという指定です。

タブレットもここでいうモバイルに含まれるので少し注意が必要です!

逆の指定方法へ簡単に変更するのには、上記の指定の前に!マークを追加します。

wp_is_mobile()なら!wp_is_mobile()とするだけです。

これで逆の意味で指定されますので、モバイル(タブレットも含む)で表示させないとなります。

つまりPCで表示という事ですね!

難しく考えずにコードのみ記載すれば後は勝手に条件分岐して結果として出力してくれますので簡単です。

使用例:デバイスによって表示させる広告を変更する

最後にちょっとした実際の使用例のご紹介です。

広告を使い分ける。

PCでアドセンス300×600サイズのラージスカイスクレーパーを表示させたい場合、スマホでこのサイズを表示させた規約違反になるので避けたいといった場合に使います。

サイドバーなどのウィジェットに、300×600サイズのアドセンスをテキストウィジェットとして、コードの貼り付けを行います。

!wp_is_mobile()を下記の箇所に入力すれば、モバイル表示にて表示されなくなります。

条件分岐

これだと、モバイルのサイドバーに当たる箇所に(実際はメインカラムの下へスクロールした個所になる)は広告が表示されなくなるため、モバイル用に条件指定したウィジェットも作成しておくことが望ましいでしょう。

320×100などのラージモバイルバナーでも作成してみましょう。

アドセンスのコードを準備したら、今度は!マークの無いwp_is_mobile()を先ほどのように、ウィジェット下部のエリアWidget Logicのところに記載します。

これで、スマホなどのデバイスようの広告表示用ウィジェットも作成できました。

要するに2種類のウィジェットが準備できた状態となります。

このウィジェットをサイドバーに縦並びに配置させたとしても、実際に表示されるのは、どちらかの広告だけになりますのでPCかモバイルかで条件分岐されて表示されるわけです。

縦並びにテキストウィジェットを配置

このようにけっこう高度な処理をしてくれるので、とっても助かる機能と言えるでしょう。

以上、「ウィジェットの表示・非表示等あらゆる条件分岐が可能なWidget Logic!」のご紹介でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でおかえりなさいをフォローしよう!

Webカテゴリの最新記事