精神科で働く仕事にはどんな職業があるの

 
この記事を書いている人 - WRITER -
うぇぶくま

友だち追加

精神科看護師のうぇぶくまです。

以前一般科から精神科に転職するまでは全く知らなかったと言ってもいいこの世界。精神科病院では一体どのような職業を持った人たちが仕事をしているのでしょうか?

精神科に勤務する職業はこれだ

精神科病院は医療機関であり当然ながら病院経営に必要な職業が集結し成り立っています。

順番にみていきましょう。

医師

病院ですから精神科といえどもちろん医師が常駐します。

医師には精神科医の他にも内科医やその他の診療科医が勤務することもありますが、精神科では精神科医が要です。

精神科医には通常精神科医と精神保険指定医とがあります。

後者は特定の診察を行い、また精神科特有の入院形態を決定する際にも精神保険指定医の資格の有無により権限が変わります。

看護師

看護師も病院にはなくてはならない存在です。

看護師には正看護師、准看護師の他にも認定看護師や専門看護師が存在します。

上位資格者はかなり少なくなります。

正看護師と准看護師の比率は病院によるとい感じでしょうか。

このあたりも一般科でも同じです。

看護補助員

看護補助員という呼び名でお互いに呼び合うことはありませんが、看護補助員には看護助手や介護ヘルパーさんなどがあたります。

介護専門職者

看護専門職者とは介護福祉士が有資格者としてあてはまります。

専門職としてスキルも知識も要求される資格です。

心理士

心理士とは臨床心理士など心理学の有資格者かつ臨床で勤める職業になります。

仕事上医師、看護師とも連携しまた単独でも患者に心理テストや心理教育などを行います。

専門性の高い職業ですが、看護師等に比べると働く人数はかなり少なくなります。

リハビリ職

理学療法師や、作業理学療師、言語聴覚師など各専門のリハビリスタッフがあり、ニーズの高い部署に配属されます。

精神科では患者に医師の診療、心理師の心理教育、リハビリ職や看護師等から社会性の訓練等を行います。

これらの各専門職の連携は非常にた大切です。

栄養士

病院ではおなじみの栄養士には通常の栄養士の他にも管理栄養士といった上位資格が存在します。患者に対する栄養教室を開催したり、個別にも栄養指導を行います。

一般科での患者では高齢者や疾患による嚥下機能が低下した患者や、褥そうリスクの高い患者、低栄養患者などスクリーニングを行いカンファレンス等で医師や看護師と情報共有します。

また精神科では上記に比べ精神科の薬としての副作用に運動機能や嚥下機能を低下させるものや便秘になりやすい特長もあり、このような視点も栄養士には要求されます。

薬剤師

精神科では抗精神薬や、睡眠薬等が多く処方されますが、内服のは他にも筋肉注射等もよく使われます。

薬の専門職である薬剤師とも看護師は連携し専門知識も吸収していく必要があります。

精神保険福祉士

精神科病院では精神保険福祉士が活躍しており、PSW(フィジカルソーシャルワーカー)となります。

科病院でなじみのあるのはMSW(メディカルソーシャルワーカー)の方ですね。

なんだかどちらも横文字でとてもカッコいい響きですね。

PSWは患者の入院から退院支援まで幅広く関わります。

患者の個別情報の把握が大きなウェイトをし占める職業だけに担当看護師との情報共有は密に行います。

患者の保険や福祉制度など介護サービスの面などあらゆる病院外とのサービスとも連携する非常にフットワークの軽さが要求される仕事です。これらのことでわからないことがあればPSWに聞けという勢いでお世話になっています(笑)

さいごに

精神科病院では他にも医療事務や、メンテナンスや清掃に関わる業種など一般科と同じような職業が勤める場です。

働く環境が変われば働く業種も変わるのかというとやはり病院である以上あまり大きくは変わりませんね。

しかしながら、その科その科に特化して有資格者が求められるので、自身のスキルアップをするのならどの科に身を置くべきかも含めて病院選びをするのが良いかもしれません。

 PR

この記事を書いている人 - WRITER -
うぇぶくま

友だち追加

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ナースの働き方研究室 , 2017 All Rights Reserved.